• Debian9/Ubuntu17.04でELECOMのWi-FiアダプタWDC-433SU2M2を使う

    以前「ELECOMのWDC-433SU2MをUbuntu14.10で使えるようにドライバをインストールする手順」と「DKMSでドライバを自動ビルドする」でUbuntuでUSBドングルを使用する記事を書きました。
    今回はその後継機であるWDC-433SU2M2をLinux環境(Debian9 Stretch x86)で動かしてみました。

    1.前世代との違い

    見た目はほとんど違いはなく大きさもほぼ一緒です。先代の方がやや角ばっています。

    Windowsでインストールすると、ユーティリティーが全く違いました。
    どうやら先代はMediatekのチップが、今回のはRealtekのチップが使われている模様です。

    項目 WDC-433SU2M WDC-433SU2M2
    周波数帯 5.2GHz,5.3GHz,5.6GHz 5.2GHz,5.3GHz,5.6GHz
    無線規格 IEEE802.11a/n/ac IEEE802.11a/n/ac
    最大公称速度 433Mbps 433Mbps
    チップセット MediaTek MT7610U Realtek RTL8811AU
    イメージ

    次章からはWDC-433SU2M2のDebian系Linuxへのインストール備忘録です。

    2.事前準備

    すでに自分でビルドする環境がある人は不要ですが、念のため。
    $sudo apt-get install git dkms
    ビルドに必要なパッケージはdkmsと一緒にほぼほぼ入るはず。

    3.ドライバのダウンロード

    GitHubにてLinuxのドライバのソースコードがダウンロードできます。
    いくつか公開されていますが、今回は「https://github.com/diederikdehaas/rtl8812AU」を使用しました。
    現在のところデフォルトバージョンは4.3.14です。
    使用されているチップとしてはRTL8811AUが正しいかと思いますが、上記のもので動くようです。
    (Realtekは、Windowsも各種チップで共通のドライバパッケージでしたし…)

    $git clone https://github.com/diederikdehaas/rtl8812AU
    $sudo mv rtl8812AU/ /usr/src/rtl8812AU-4.3.14

    4.設定の追記

    デフォルトではELECOM WDC-433SU2M2用の情報が入っていないため、追記します。

    $sudo vi /usr/src/rtl8812AU-4.3.14/os_dep/linux/usb_intf.c

    #ifdef CONFIG_RTL8821Aの/*=== CustomerID ===*/内の一覧末尾に下記を追記。
    (328行目付近に行追加)

    {USB_DEVICE(0x056E, 0x400e),.driver_info = RTL8821}, /* ELECOM - WDC-433SU2M2 */

    (2017/08/08追記)
    当初のdkms.confでは、カーネルパラメータが正常に渡らず、カーネルバージョンアップの際に正しくドライバがビルドされませんでした。

    $sudo vi /usr/src/rtl8812AU-4.3.14/dkms.conf

    4行目に下記の通り追記します。

    変更前MAKE="'make'"

    変更後MAKE="'make' KVER=${kernelver}"

    5.コンパイル&インストール

    gitからダウンロードしたファイル内にdkmsのコンフィグも入っていますので、あとはビルド&インストールのみ。

    $sudo dkms add -m rtl8812AU -v 4.3.14
    $sudo dkms build -m rtl8812AU -v 4.3.14
    $sudo dkms install -m rtl8812AU -v 4.3.14

    このあとWDC-433SU2M2を指せば認識し、無事USB Wi-Fiとして使えるようになりました。
    今度思い立ったらx64環境とUbuntuでも試してみようと思います。
    GitHubのページではRaspberry Pi (Raspbian)でもビルドできるような記載があります。
    こちらもいつか…。

    (2017/08/08追記)
    Ubuntu 17.04で実施したところ、正常に動作しました。
    その際、上記カーネルパラメータの件に気づきました…。

    ではでは。

    カテゴリー: Linux, ネットワーク, 技術系

    タグ: , , , , ,

    Debian9/Ubuntu17.04でELECOMのWi-FiアダプタWDC-433SU2M2を使う」への1件のフィードバック

    • ギョーム より:

      どうもありがとうございます!

      For Ubuntu 17.10, kernel 4.13.0, use https://github.com/gnab/rtl8812au
      Edit ./os_dep/linux/usb_intf.c, add after line 301 (section “CONFIG_RTL8821A” for WDC-433SU2M2):

      {USB_DEVICE(0x056E, 0x400e),.driver_info = RTL8821}, /* ELECOM – WDC-433SU2M2 */

      Make and dkms install, enjoy!

      ギョーム

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    計算式の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.